2006年05月12日

案の定・・・

少子化が」叫ばれて、早20年余。(もっとかな?)


最近は、団塊の世代があせってきたのか、


国も動きだしましたか(爆)


何事も、モードに合わせて動くんですよね。


絶対多数です。


10年ほど前より、こうなるだろうとは思っていましたが・・・



1週間前位の新聞にも、今日のテレビニュースでも、


少子化による人員不足を補う為、


介護士、看護師をフィリピン人に資格をとってもらって…だってさ。



そうなると、思ってたよ〜ふらふら



独身で優雅に働いて、遊んでいた人が


老後は溜めたお金で、いい施設に入って少ない日本人の介護を受ける。


人件費高いし〜



私のように、3人子育てして、金がない者はー


うまくすれば子供が見てくれる〜


いやいや、そんなに世の中甘くない!


人手不足で子供達は、働きつづけ〜


私は、外国人労働者に介護して貰う。


差別しているんじゃないよ。人件費を考えると・・・事実でしょ。


少子化にならないよう貢献してるんだけどなぁ〜(爆)


矛盾をかんじるなぁ〜あせあせ(飛び散る汗)


posted by sion at 23:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17729266

この記事へのトラックバック

介護職の国際化。期待することと変わらなければいけないこと。
Excerpt: 新聞の求人欄で、介護職の募集を見ない日がない。 介護界が人手不足なのは、純粋に人口比率の問題もあるし、 職場環境、給与、待遇、条件などが悪いということもあるのだろう。 そこで、最近よく、外国から..
Weblog: ばあちゃんの介護され日記
Tracked: 2006-08-29 18:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。