2006年05月24日

子供を守れない日本

しばらく更新さぼっていました。


先週から、嫌な事件が続いてますね。

子供が一人きりで遊べない。


一人きりになると、殺されるかもしれない。


何年か前までは、それでも特殊なことのように思えた。


でも、最近は毎日のように小学生が殺されている。


何故こんなことが起きるのか?




私が、子供のころ・・・

『いのちを大切に』なんて授業があっただろうか?

なかった気がする。

それでも、『いのちは大切』だと、認識していたように思う。

これも、幻想か?



私には、子供が3人いる。小学生も2人。


もちろん、『知らない人について行くな。』は当たり前。


お友達のお父さん、お母さん、隣のおじちゃん、おばちゃん。だったらOK!


でも、顔は知っているけど・・・名前は知らない人にはついて行くな。と教えてる。


ひどい!と叱られるかもしれないが・・・子供のいのちが一番大事。

失くしてしまっては意味がない。


本当に嫌な世の中になってしまった。


あ〜あ。





続きを読む
posted by sion at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。